Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

米SEC、6億ドルのICOで仮想通貨資産を凍結-裁判所命令確保

  • 裁判所はアライズバンクの追加資金調達の停止を命令
  • ICO詐欺との関連で管財人を初めて任命-SEC幹部

米証券取引委員会(SEC) はテキサス州に拠点を置くアライズバンクが6億ドル(約653億円)余りを調達したと主張している新規仮想通貨公開(ICO)について、資産凍結の裁判所命令を得た。

  SECの30日の発表によれば、裁判所命令はアライズバンクによる投資家からの追加資金調達を停止させる内容。SECはアライズバンクのジャレッド・ライス共同創業者(29)が昨年11月、当局に登録せずに不正に個人投資家からの資金調達を開始したと指摘しており、ドバイ在住のスタンリー・フォード共同創業者(45)の責任も追及している。

  SECはビットコインやライトコインなどの仮想通貨資産を凍結するとともに、投資家に返還するため管財人を任命した。SECの法執行部門幹部のスティーブ・パイキン氏は「SECがICO詐欺との関連で管財人の任命を求めたのは今回が初めてだ」と述べ、「新興のデジタル証券市場での詐欺行為に関わる者から投資家を保護するためあらゆる手段や救済策を行使する」と述べた。

  訴状によると、ライス氏は重罪に当たる窃盗罪と政府記録改ざんの罪で執行猶予中。アライズバンクが連邦預金保険公社(FDIC)の保証対象の銀行を買収し、ビザと提携していると主張するなど虚偽の説明を行っていた。また、詐欺的なICOの勧誘に著名人を利用していたという。

原題:SEC Freezes Crypto Assets of $600 Million Initial Coin Offering(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE