米ゼロックス、富士フイルムへの経営権譲渡合意近い-WSJ

更新日時
  • 31日にも合意発表か、ゼロックスの株式時価総額は83億ドル
  • ゼロックスを富士フイルムとの合弁会社と統合へ

Attendees walk past the Fujifilm Holdings Corp. booth at the CP+ Camera and Photo Imaging Show in Yokohama, Kanagawa Prefecture, Japan.

Photographer: Kiyoshi Ota

ゼロックスは経営上の独立を失うことになる取引で富士フイルムホールディングスと合意に近づいている、と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  WSJによると、合意はゼロックスを富士フイルムとの合弁会社富士ゼロックスと統合する内容で、ゼロックス株主は統合後の会社の半分弱を保有する。交渉が決裂する恐れはまだあるものの、早ければ31日に合意が発表される可能性があるという。ゼロックスの株式時価総額は83億ドル(約9000億円)。

  富士フイルムの広報担当者は、同社がこの報道の情報源ではないと述べ、それ以上のコメントを控えた。

原題:Xerox Near Deal to Cede Control to Fujifilm, WSJ Reports (1)(抜粋)

(広報担当のコメントなどを追加して更新します。更新前の記事は情報源をWSJ紙に訂正済みです.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE