オクジフ、CEO後継者を外部から起用-元クレディSの米州責任者に

米ヘッジファンド運営会社オクジフ・キャピタル・マネジメント・グループ(資産運用規模320億ドル=約3兆4800億円)の創業者ダン・オク氏は、ようやく後継者を指名した。

  30日の発表資料によると、次期最高経営責任者(CEO)に指名されたのは銀行出身のロバート・シャフィール氏で、社外からの起用となった。シャフィール氏はクレディ・スイスの米州部門でCEOを務めていたほか、プライベートバンキング・アンド・ウェルスマネジメント部門の共同責任者だった。同氏は2月5日付でオクジフCEOに就任する。オク氏は引き続き会長職を2019年3月まで続ける。

  オクジフの花形トレーダーでオク氏の後継者として有力視されていたジミー・レビン共同投資責任者(CIO)は、オク氏がクリスマス2日前に出した顧客向けの文書で、次期CEO候補として検討されていないことが明らかになっていた。  

原題:Och-Ziff Taps Outsider to Succeed Dan Och as Chief Executive (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE