ECBクノット氏:資産購入、9月以降に短期の減額期間経て終了も

  • 短期の減額期間、「完全に理にかなう」-クノット氏
  • 今週初めにクノット氏は「できるだけ早く」終了すべきだと発言

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバーでオランダ中銀のクノット総裁は、量的緩和(QE)策が突然終わることは恐らくないとの見方を支持すると語った。

  クノット総裁は30日、アムステルダムで講演し、「9月以降に必要であれば短期の減額期間を経て資産購入策を終わらせることは完全に理にかなう」と発言。「その後でのみ、政策金利など別の手段に移ることになる」と続けた。

  タカ派寄りと見なされる同総裁は今週初めに行ったオランダのテレビ局とのインタビューで、ECBはQEプログラムを「できるだけ早く」終了する必要があると述べ、欧州債券市場が動揺していた。一方、ブルームバーグは29日、QE終了を示唆する文言をフォワードガイダンスに盛り込むよう主張しているECBのタカ派委員ですら、現在の延長期限である9月以降に購入を徐々に減らしていく方針を支持していると報じた。

原題:ECB’s Knot Says QE Could End With Short Taper After September(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE