Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

【米国株・国債・商品】主要株価指数が続落-国債も値下がり

更新日時
  • 米10年債利回りは一時2014年4月以来の高水準を付ける
  • NY原油は続落、米在庫の増加見通しで供給拡大を警戒
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

30日の米株式相場は続落。ダウ工業株30種平均の下げ幅は362ドルを超えた。2日間の下げとしては昨年5月以来最大。一方で米10年債利回りは2014年4月以来の高水準を付けた。

  • 米国株は続落、ダウ平均の下げ幅は362ドル超
  • 米国債は値下がり、10年債利回りは一時14年4月以来の高水準
  • NY原油は続落、米在庫増加見通しで供給拡大への警戒強まる
  • NY金は3日続落、勢い失速

  企業決算や米金融当局の政策決定、米大統領の一般教書演説、主要経済指標などを控え、この日の市場には慎重姿勢が広がった。主要株価指数は全て続落。年初からの上昇を受けた利益確定売りが続いた。10年債利回りは一時2.73%を上回り、14年4月以来の高水準を付けた。

  S&P500種株価指数は前日比1.1%安の2822.43。ダウ工業株30種平均は362.59ドル(1.4%)下げて26076.89ドル。ナスダック総合指数は0.9%下落。ニューヨーク時間午後4時49分現在、米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.72%。 

  ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は続落。米エネルギー情報局(EIA)が発表する週間統計で原油とガソリン両方の在庫増加が予想されていることから、供給が再び拡大し始めるとの警戒が広がった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比1.06ドル(1.6%)安の1バレル=64.50ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント3月限は44セント下げて69.02ドル。

  ニューヨーク金先物相場は3営業日続落。先週は2016年8月以来の高値をつけていた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は、前日比0.4%安の1340ドルで終了した。

  この日の株式市場では、売りを加速させる材料が複数あった。メットライフが前日示した暫定決算は市場予想を下回った。またアマゾン・ドット・コムとJPモルガン・チェース、バークシャー・ハサウェイが米国内従業員へのヘルスケアサービス提供に向け3社共同で取り組む計画を発表。これを受けてヘルスケア関連株は軒並み売られた。また時価総額で世界最大のアップルは、3カ月ぶり安値に下落。当局の調査を受けているとの報道や、「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の需要を巡る懸念が重しとなった。このほか原油相場の下落を手掛かりにエネルギー株も安い。

  ジャナス・ヘンダーソンの調査ディレクター、カーメル・ウェルソ氏は「1カ月で極めて大きく動いたため、不安を引き起こした。今年初めに株式に膨大な資金が流入していた」と分析。もう既に十分稼いだとして、売りに動く投資家もいるかもしれないと続けた。

  投資家は企業の増益や経済成長の加速、米減税を巡る楽観がさらに相場を押し上げるかどうか見極めようとしている。ゴールドマン・サックス・グループは世界的な株式相場の調整を予想しているが、そうなっても買いの好機になるだろうと指摘している。

原題:Stocks Tumble, Bonds No Haven as Selloff Worsens: Markets Wrap(抜粋)
Oil Takes Biggest Hit This Year on Fears U.S. Stockpiles Grew
PRECIOUS: Gold Mining Shares Set for Biggest Loss Since December

(第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE