コンテンツにスキップする

米マクドナルドの来店者数、増加傾向-新たな「ドルメニュー」好評

  • 米来客者数に占める同社の割合、3週連続で改善-21日終了週
  • マクドナルドは1ドル、2ドル、3ドルのメニューを刷新
A packet of french fries sit on a tray in this arranged photograph at a McDonald\'s restaurant.

A packet of french fries sit on a tray in this arranged photograph at a McDonald\'s restaurant.

Photographer: Kiyoshi Ota
A packet of french fries sit on a tray in this arranged photograph at a McDonald\'s restaurant.
Photographer: Kiyoshi Ota

マクドナルドは来店客数が増えつつある。新たな「ドルメニュー」が節約志向の消費者を呼び込んでいるようだ。

  調査会社データセンシャルとセンス360のリポートによると、マクドナルドがファストフード・ファストカジュアル店への米来客数に占める割合は21日終了週に約18%と、前年同週比0.4ポイント前後の上昇。前週と前々週も改善が示されていた。

  こうした好調な結果は、マクドナルドの1ドル、2ドル、3ドルのメニューが食事客に受けているということを示唆する。同社は最近、鶏ささみのフライやチーズバーガー、新クラシック・チキンサンドイッチなど、新たなドルメニューの宣伝を開始した。

  データセンシャルの顧客ソリューションズ担当マネジングディレクター、デーブ・ジェンキンズ氏はここ3週間で見られたマクドナルド株の上昇に触れ、「お得なメニューが原動力だ」と述べた。

New Menu Boost

原題:McDonald’s Traffic Rises After New Dollar Menu Debut (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE