コンテンツにスキップする

ECB、資産購入策は徐々にゼロにする方針を維持-関係者

  • タカ派寄りの政策委員ですら、資産購入策の段階的な終了を支持
  • 9月以降の方針、決定は下されていない-関係者
Mario Draghi

Mario Draghi

Photographer: Bloomberg/Bloomberg
Mario Draghi
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)の政策担当者は債券買い入れ策について、突然終了させるよりも3カ月程度かけてゼロにする方針を堅持していると、事情に詳しいユーロ圏の関係者が明らかにした。

  関係者が非公式の協議として語ったところによると、買い入れ策終了を示唆する文言をフォワードガイダンスに盛り込むよう主張しているECB政策委員会内のタカ派寄りの委員ですら、現在の延長期限である9月以降に購入を徐々に減らしていく方針を支持している。関係者は協議内容が部外秘であることを理由に匿名で述べ、9月以降の方針について、いかなる決定も下されていないと付け加えた。

  ECBの広報担当はコメントを控えた。

原題:ECB Officials Are Said to Assume QE Will End in Short Taper (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE