フィンランド大統領にニーニスト氏再選-ロシア大統領とも緊密な関係

  • ニーニスト氏は62.7%の票を獲得し、決選投票待たずに再選を決めた
  • 過去6年の任期中にロシア大統領と電話を含めて20回余り会談した

28日に投開票が行われたフィンランドの大統領選は、現職のサウリ・ニーニスト氏が過半数を上回る62.7%の票を獲得し、決選投票を待たずに再選を決めた。

  財務相を務めた経験もあるニーニスト氏(69)は同日、首都ヘルシンキで支持者らに対し、「フィンランドは偉大な国であり、世界で最も安定した国だ。ばらばらの大国よりも小さくても安定した国の方が望ましい」と語った。

  同氏は過去6年の任期中に外交にも関与し、西側の一員としてのコミットメントを堅持しつつ、ロシアのプーチン大統領と電話を含めて20回余り会談し、緊密な関係を築いたことで知られる。

原題:Finnish President Wins Landslide Re-Election in Historic Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE