空の旅が多い人へ、荷物検査の待ち時間を教えます

  • 旅客機搭乗前の最大の「ワイルドカード」は保安検査所の長い列
  • アプリ「トリップイット」、車で空港に向かうべき時間もアドバイス

出張で空港を利用する際、どれだけ早く保安検査を終えることができるのか悩まずにはいられない。空港に向かう道路が混雑したり、レンタカーを返却したり、巨大な空港ターミナルを歩き回ったり忙しい出張族にとって、米国の空港で実際に旅客機に乗るまでの最大の「ワイルドカード」とも言うべき、事前には読めない不確実要因は運輸保安局(TSA)の保安検査を待つ長い列かもしれない。

  空港運営事業体と航空各社にハイテク企業も加わって、待ち時間短縮のためのさまざまな工夫が凝らされている。検査待ちの混雑状況をカメラや手作業で確認したり、TSAのアプリ向けに待ち時間のデータを集めたりしている。

ソース:TripIt

  分析会社Iインサイドが米国の空港で実験しようとしているのはレーダーを使った新たなツールだ。同社の協力企業SAPコンカーが保有するトラベルアプリ「トリップイット」は最近、テキサス州オースティンとフロリダ州オーランド、デンバー、フェニックスの4空港で、Iインサイドのデータをインプットする計画を発表した。

  このアプリの利用者は待ち時間の情報を受け取ることができ、しかもリアルタイムでその情報が更新される。アプリ内の空港案内図では最も近くて、最も混雑していない保安検査所も示されるという。

  トリップイットはTSAの待ち時間データを道路交通情報や旅客機運航情報と組み合わせ、車で空港に向かう旅行者にいつ出発したらいいのかのアドバイスも提供する。

  トリップイットの商品ディレクター、ジェン・モイーズ氏は、テクノロジーが成熟すれば、時間に追われる出張族を中心に保安検査場の列に並ぶ待ち時間のデータも「旅行プランの一部になるはずだ」と話している。

原題:This Company Wants You to Spend Less Time in TSA Security Lines(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE