トランプ米大統領:「米国第一」は世界に恩恵もたらす

更新日時
  • ダボス会議で演説、「米国第一主義はグローバリズムに合致」
  • 米はTPP参加国と「個別または多国間で」交渉することも検討

トランプ米大統領は26日、自身の政策によって米国の経済成長が促進されれば世界全体にプラスになると指摘。大統領が掲げる「米国第一」主義はグローバリズムに合致するとの見解を示した。

  トランプ大統領はスイスのダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)で演説し、「米国が成長すれば世界も成長する」と指摘。「米国の繁栄は世界中で数え切れないほどの雇用を生み出しており、米国における卓越さや創造性、革新への意欲が重要な発見につながり、世界中の人々がより豊かで健康な生活を送る上で役立っている」と続けた。

  トランプ大統領は、「公平かつ互恵的である限り」米国は引き続き自由貿易を支持すると述べた。

  「米国は全ての国と、双方に有益な2国間の貿易協定を協議する構えだ」と説明。一方、米国が昨年離脱した環太平洋連携協定(TPP)の参加国には例外を認めることを示唆した。米国はこれら11カ国の一部と貿易協定を結んでおり、「その他の国々とも、全ての国の利益になるのであれば個別に、場合によっては多国間で交渉することを検討する」と述べた。

  米国経済に関しては、「何年にも及ぶ停滞を経て、米国は再び力強い経済成長を遂げている。消費者信頼感、企業の信頼感、製造業界の信頼感は数十年来の高水準にある」と述べた。

  トランプ氏は26日、クラウス・シュワブWEF会長との質疑応答の後、大統領専用ヘリでダボスを去った。ダボスでの滞在は36時間未満だった。

原題:Trump Says ‘America First’ Will Benefit World in Davos Speech(抜粋)

(第3段落以降にTPPに関する大統領発言などを追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE