バークレイズCEOは自由を重視、単一市場アクセス捨てても-関係者

  • 自由に金融規則を設定できることを優先すべきだと首相に建言
  • 他の英銀トップと異なる立場-トランプ米大統領の規制緩和を評価

英銀バークレイズのジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は今月、欧州連合(EU)単一市場へのアクセスを犠牲にしても英国が自由に独自の金融規則を設定できることを優先すべきだとメイ英首相に訴えた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、ステーリーCEOは金融業界幹部の会議で首相と話した際に自らの主張を伝えた。バークレイズの広報担当者はコメントを控えた。

  ステーリーCEOの見解は他の英銀トップらと異なる。英銀行業界は声をそろえて離脱後も単一市場にアクセスできるような協定を結ぶよう政府に求めている。

  米国出身のステーリーCEOにはトランプ米大統領の規制緩和によって世界で競争優位を得ている米銀がうらやましいのかもしれない。ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、トランプ米大統領は事業という点で「新たなダイナミクス」をつくり出したと同CEOは語っている。

ジェス・ステーリーCEO

(出所:Bloomberg)

原題:Barclays CEO Is Said to Urge May to Mull Break With EU Rules (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE