今年のインフレ率、1万3000%か-IMFのベネズエラ経済見通し

  • ベネズエラは今年マイナス15%成長に-IMF
  • 中南米経済全体のGDPは今年1.9%増、ベネズエラ除けば2.5%増へ

経済危機に見舞われているベネズエラのインフレ率が今年1万3000%に急上昇するとの見通しを国際通貨基金(IMF)が示した。南米の産油国である同国は、財政赤字や自国通貨安への対応で紙幣の増発を続けている。

  IMFのウェルネル西半球局長が25日公表した報告書では、ベネズエラのインフレ率見通しが5倍以上の水準に引き上げられた。ブルーム-バーグのエコノミスト調査での予想中央値も上回る。昨年の物価上昇率は2400%を突破したもようで、世界一だと推計している。

Hyperinflation Spiral

IMF sees Venezuela inflation accelerating to 13,000% by end-2018

Source: International Monetary Fund

Note: IMF estimate is higher than all eight estimates from economists surveyed by Bloomberg

  IMFはベネズエラの国内総生産(GDP)が今年15%減少すると見込んでおり、2013年以降のGDP縮小率は50%近くに達しそうだ。中南米経済全体のGDPは今年1.9%増、ベネズエラを除けば2.5%増となる見通し。

  メキシコと中米、カリブ海地域の一部が米経済の成長加速から恩恵を受けるほか、ブラジルとアルゼンチンのリセッション(景気後退)終了と域内輸出商品の価格上昇で南米の見通しも改善されるとしている。

  IMFによる南米各国のGDP成長率見通しは以下の通り。

2018年(旧)2018年(新)2019年(旧)2019年(新)
アルゼンチン2.52.52.72.8
チリ2.532.73.2
コロンビア2.833.63.6
エクアドル0.62.211.7
ペルー3.8444
ベネズエラ-6-15-2-6

原題:13,000 Percent Inflation to Slam Venezuela in 2018, IMF Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE