米TPGキャピタル、印タタの通信網MBOを支援-関係者

米TPGキャピタルがインドのタタ・グループが運営するファイバー通信網を巡るマネジメント・バイアウト(MBO、経営陣による買収)を支援している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  タタ・グループの持ち株会社タタ・サンズで国際事業責任者を務めるムクンド・ラジャン氏率いるコンソーシアムが、タタ・テレサ-ビシズ所有のファイバー資産と関連事業に少なくとも10億ドル(約1100億円)を提示した。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。

  TPGとタタ・テレサービシズ、タタ・サンズの担当者はコメントを控えた。

原題:TPG Is Said to Back $1 Billion Tata Fiber Management Buyout Bid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE