1月25日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル上げに転じる-米大統領の「強いドル」支持発言で

  25日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。一時は大きく下げていたが反転し、今月に入り最大の上げとなった。トランプ米大統領が最終的には「強い」ドルを望んでいると発言したことに反応した。ドルは前日、ムニューシン米財務長官の発言を受けて大きく下落していた。

  トランプ大統領はこの日、米経済専門局CNBCに対し、ドル安は貿易にとって好ましいとするムニューシン米財務長官の24日の発言は文脈から外れて解釈されたと述べた。トランプ氏の発言前、ドル指数は一時0.8%安まで下げていた。

  ニューヨーク時間午後4時35分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%高。一時0.4%高となった。ユーロは対ドルでほぼ変わらずの1ユーロ=1.2406ドル。ドルは対円で0.2%上昇の1ドル=109円38銭。

  トランプ大統領はCNBCで「ドルはますます強くなるだろう、最終的に私は強いドルを望んでいる」と発言した。大統領は26日にスイス・ダボスでの世界経済フォーラム(WEF)で演説する予定。

  トランプ大統領の発言を受けて、ニューヨーク時間の午後にドルは主要10通貨の大半に対して下げを埋めた。

欧州時間の取引

  欧州時間には、欧州中央銀行(ECB)の政策決定を控えた状況ではユーロが1ユーロ=1.24ドル付近で小動きとなっていた。政策決定発表後は、ドラギ総裁が記者会見で最近のユーロの強さにほとんど懸念を示さなかったことからユーロは急伸した。一方でドルは、前日のムニューシン長官の発言が引き続き重しとなり軟調な展開だった。
原題:Greenback Rebounds After Trump Backs a ‘Strong Dollar’(抜粋)
Euro Surges After ECB, Franc Climbs and Dollar Extends Slide
Euro Consolidates Before ECB as Mnuchin Affirms Dollar Stance

◎米国株・国債・商品:S&P500小幅高、トランプ発言で上げ幅縮小

  25日の米株式市場ではダウ工業株30種平均とS&P500種株価指数が上昇。トランプ米大統領が最終的には「強い」ドルを望んでいるとし、前日の財務長官発言に反する見解を示した後、米国株は上げ幅を縮小した。米国債相場は反発。午後の取引で徐々に値上がりした。

  • 米国株はダウとS&P500が上昇、ナスダックは小幅安
  • 米国債は反発、午後に上げ幅拡大-7年債入札に強い需要
  • NY原油は小反落、トランプ発言後のドル持ち直しで反転
  • NY金は続伸、一時のドル安で買い

  トランプ大統領はこの日、ダボスでの世界経済フォーラムで米経済専門局CNBCに対し、「ドルはますます強くなるだろう。最終的に私は強いドルを望んでいる」と述べた。これはドル安容認と受け止められた前日のムニューシン財務長官発言に逆行するもので、ドルを押し上げた。米国債はトランプ氏の発言を受けて上伸し、10年債利回りは低下した。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%上げて2839.25、ダウ工業株30種平均は140.67ドル(0.5%)高の26392.79ドル。ナスダック総合指数は0.1%安の7411.16。ニューヨーク時間午後4時50分現在、10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し2.62%。

  ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は小幅反落。トランプ米大統領が最終的には強いドルを望むと発言したことを受け、ドルが持ち直したため、原油は上げを失った。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比10セント(0.2%)安の1バレル=65.51ドルで終了。一時は66.66ドルまで上昇する場面もあった。ロンドンICEの北海ブレント3月限は11セント下げて70.42ドル。

  ニューヨーク金先物相場は続伸。ドルが一時下落したため、買いが優勢になった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比0.5%高の1368ドルで終了した。

  ドル乱高下の株式への影響を消化する展開の末、S&P500種は前日終値とほぼ変わらずで終えた。企業決算が引き続き個別銘柄の明暗を分ける中、予想を上回る決算を発表したキャタピラーが上昇。一部資産について戦略的選択肢を検討するとしたニューウェル・ブランズは売られた。

  米国債相場は長期債を中心に上昇。財務省がこの日実施した7年債入札は好調、最高落札利回りは2.565%となった。5年債と30年債の利回り差は2.7bp縮小し、イールドカーブがフラット化した。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁からユーロ高をけん制する発言が出なかったことで、ドイツ国債が下落。米国債はこの流れをくみ、午前に日中安値を付けた。
原題:Dollar Turns Higher on Trump Backing; Stocks Mixed: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Bull Flatten, Long-End Swap Spreads Snap Tighter(抜粋)
*U.S. SEVEN-YEAR NOTES DRAW 2.565%; ALLOTTED AT HIGH 26.08%
Crude Reverses Course as Dollar Rebounds on Trump Remarks (抜粋)
Gold’s Path to $1,400 Seen Cleared by Dollar Slump, Equity Fears(抜粋)

◎欧州株:ストックス600が続落、ドラギ総裁発言でユーロ上昇

  25日の欧州株式相場は、指標のストックス600指数が5カ月ぶりの下げ幅を記録した。欧州中央銀行(ECB)はこの日の政策会合で主要金利を据え置き、ドラギECB総裁は記者会見で、ユーロ高について間接的な表現ながら、ムニューシン長官の口先介入によるものだと非難した。

  ストックス600は前日比0.6%安で終了し、2日間の下げ幅を1.1%に広げた。ユーロは0.6%高で4営業日続伸。

  独DAXは0.9%安。英FTSE100は0.4%、仏CAC40は0.3%それぞれ値下がり。
原題:Europe Stocks Retreat as Draghi Speech Stokes Euro Advance(抜粋)

◎欧州債:下落、ドイツ10年債利回りは一時2年ぶり高水準

  25日の欧州債市場は、周辺国債を中心に全般的に売られた。ECBのドラギ総裁が経済成長とインフレについて前向きな見方を示したことで、ドイツ5年債と30年債のスプレッドはベアフラット化した。

  短期金融市場が織り込むECBの金利は、資産購入が終了する6カ
月後に当たる来年3月で14ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)高い水準。ドラギ総裁の会見前は13bpだった。

  ドイツ10年債利回りは一時0.64%と、2015年12月以来の高水準を付けた。ロンドン時間午後3時52分では0.62%。ドラギ総裁が2%弱へのインフレ率回復について、景気の勢いからECBは自信を深めていると発言したことが材料視された。

  ドイツ5年債と30年債のスプレッドは昨年6月22日以来の水準に縮小。2019年の政策正常化開始に市場が備え、今後は拡大する可能性がある。

  イタリア10年債利回りは6bp上昇の1.97%、スペイン10年債利回りも6bp上昇の1.42%。イタリアはECBの資産購入策の最大の受益国の1つ。
原題:EGBs Slump as Draghi Hits Upbeat Tone; End of Curves,Spreads,(抜粋)
German Yields Surge as Draghi Avoids ‘Strong Swipe’ atEuro (1)(抜粋)

(NY外為、米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE