コンテンツにスキップする

米財務長官:ドル安についての発言擁護、「明瞭で一貫していた」

  • われわれはかねてドルの短期水準を懸念していないと述べている
  • 長期的にはドルの強さは米経済の強さを反映するとの見解繰り返す

ムニューシン米財務長官は25日、ドル安が貿易の追い風になると示唆した自らの前日の発言を擁護し、ドル相場の短期的な変動について懸念してはいないと述べた。

  同長官は世界経済フォーラム(WEF)が開催されているスイスのダボスで記者団に「ドルについての私の昨日の発言は実際、極めて明瞭だったと考えていた」と語った。「バランスが取れ、私のこれまでの発言と一貫していたと思う。われわれはかねて、ドル相場の短期的な水準について懸念はしていないと述べている」と指摘した。

Mnuchin on Jan. 25.

ムニューシン長官(25日、ダボスで)

写真家:Jason Alden / Bloomberg

  24日には「ドル安は米国の貿易にとって良いこと」とのムニューシン長官の発言を受けて、ドルが3年ぶりの安値に下落した。国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は25日、同長官に発言の真意を説明するよう促した。米税制改革は恐らくドルを上昇させる付け加えた。

  ムニューシン長官は25日、「非常に流動性の高い市場であり、われわれは変動相場制を信奉している」とした上で「短期的なドル相場の水準にはプラスとマイナスの両方がある」と指摘した。

  長期的には、ドルの強さは米経済の強さを反映するとの見解も重ねて示した。

原題:Mnuchin Defends Weaker Dollar Comments as ‘Clear,’ ‘Consistent’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE