「鉄が足りない」、中国の鋼材輸出が大幅減-市況さらに上昇の見方も

  • 昨年の中国からの鋼材輸出量はピーク時と比べて3割減少
  • 中国の熱延鋼板価格は10年ぶりの高水準に回復する可能性も

2017年の中国の鋼材輸出は3年ぶりに1億トンの大台を下回った。違法操業していた業者を取り締まるなど生産能力の削減を進める一方、鉄道や高速道路といったインフラ向け需要が堅調に推移したことで輸出余力が低下した。過剰生産能力の削減に政府は本腰を入れており、需給の引き締まりから鋼材市況の先高観が強まるとの見方も出ている。

  2017年の中国の鋼材輸出量は前の年と比べて31%減の7543万トン。東京製鉄の今村清志常務は24日のインタビューで、中国の鋼材輸出ピーク時からの減少分3700万トンは同国内で消費されているとして「世界中で鉄が足りない」と指摘した。「日米欧、中国に加え、アジア主要国の景気も良くなってきている。40年近く鉄鋼業界に関わっているが、今までに経験したことのない世界同時好況だ」と語る。

  中国の鋼材輸出は、過剰生産を背景にピーク時の15年には1億1240万トンと日本の粗鋼生産を上回る規模を記録。大量の鋼材が世界市場にあふれ、市況の大幅低下を招いた。世界的な問題となり、16年に中国政府は最大1億5000万トンの能力を20年までに削減する計画を打ち出した。

粗鋼生産は過去最高、輸出量は減少

生産削減進める中国

  中国工業情報省は3日、17年の鉄鋼生産能力の削減幅が目標の5000万トンを上回ったと発表。地条鋼と呼ばれ、環境にも悪影響を与える粗悪な鋼材を違法に生産する鉄鋼業者の取り締まりを進めたことが背景にある。16年は6500万トンを削減した。

  一方、17年の中国の粗鋼生産は前年比5.7%増の8億3173万トンと過去最高を記録。生産能力の削減と矛盾しているように見えるが、地条鋼の生産量は政府統計には含まれていない。年間数千万トンとも推計される地条鋼の供給が減った分、その需要を埋めるための生産が増え、輸出に回す量が減ったという構図だ。    

  日本の鉄鋼メーカーの輸出市況にも影響を与える中国国内の熱延鋼板のスポット価格は1トン当たり640ドル。昨年4月と比べて5割弱回復した。鉄鉱石や原料炭の価格を差し引いた利ざやにあたるスプレッドも改善している。今村常務は、10年ぶりの高水準である800ドル程度まで上昇する可能性はあるとの見方を示す。

  市況改善は鉄鋼メーカーの業績には追い風。韓国ポスコが24日に発表した17年12月期決算の営業利益は前期比で6割以上拡大し、11年以来の高水準となった。

  日本鉄鋼連盟の進藤孝生会長(新日鉄住金社長)は22日の会見で「中国政府として鉄鋼生産のコントロールはできている」と指摘。中国の昨年12月の粗鋼生産は前年同月比1.8%増の6705万トン。対前年比では22カ月連続で増加しているが、冬の大気汚染対策による影響で2カ月連続で7000万トンを下回った。一方、リスク要因に挙げたのが公共投資の息切れや不動産投資のバブル懸念。「政府による金融引き締めが始まると先々減速するリスクも出てくる」として、引き続き注視する考えも示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE