日本生命社長に清水専務執行役員が就任、筒井社長は会長に

更新日時

日本生命保険は25日、清水博取締役専務執行役員(56)が4月1日付で社長に就任する人事を発表した。筒井義信社長(63)は会長に就任する。

  清水氏は理系出身で保険数理人(アクチュアリー)資格を有する。同日の記者会見では、「業界の揺るぎないマーケットリーダーでありたい。そのために変化を積極的に取り込む」とし、「出資や合併買収(M&A)は重要な選択肢の1つ」との考えを示した。社長を退く筒井氏は「超低金利下での経営体制にめどが付いた」とし、次世代にバトンタッチすることになったと述べた。

Hiroshi Shimizu

Source: Nippon Life Insurance

  清水氏は京大理学部卒、1983年入社。商品開発部長や総合企画部長を歴任。09年執行役員、12年常務執行役員に就任。16年から取締役専務執行役員を務め、資産運用部門を統括している。

(第2段落で会見内容を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE