トイザラス、米で180店舗閉鎖へ-破産手続き完了に向けた計画の一環

  • 全米の店舗の約20%が対象-裁判所の承認を要する
  • 昨年9月に米連邦破産法11条の適用を申請

世界最大の玩具チェーン、米トイザラスは米国内で約180店舗の閉鎖を計画している。裁判所に提出された書類から明らかになったもので、破産手続きの完了に向けた再編計画の一環。

  閉鎖計画は全米の店舗の約20%が対象となり、裁判所の承認を必要とする。数年もの業績不振と50億ドル(約5500億円)に上る負債が重しとなり、同社は昨年9月に米連邦破産法11条の適用を申請した。閉鎖は来月始まり、ベビーザラスが対象店舗の少なくとも半数を占める。

  12月にブルームバーグ・ニュースは、トイザラスが最大200店舗を閉鎖する可能性があると報じていた。

原題:Toys ‘R’ Us to Shut About 180 Stores in Bid to Exit Bankruptcy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE