クシュナー氏不動産会社にフォートレス融資-NJ州高層ビル開発資金

  • クシュナー社は開発プロジェクト向けに5700万ドルの融資を確保
  • ソフトバンクはフォートレスの買収を昨年完了した

トランプ米大統領娘婿のクシュナー大統領上級顧問がオーナーである不動産会社クシュナーは、資金難に直面するニュージャージー州の高層ビル2棟の開発プロジェクトのために米フォートレス・インベストメント・グループから5700万ドル(約62億8000万円)の融資を確保した。
             
  今回の融資は、プロジェクト完工に必要な資金のごく一部にすぎない可能性が高い。2015年にニュージャージー州経済開発局に提出された届け出によれば、当初の計画では借り入れで1億2400万ドル、再開発公債で1000万ドル、エクイティーで7100万ドルの調達を想定していた。

  新たな計画では、計1500余りの住宅ユニットが入る56建ての高層ビル2棟の建設が予定されている。ニュージャージー州ハドソン郡の登記所はブルームバーグへの電話で、昨年10月の取引発生を確認。融資については米経済紙バロンズが先に報じ、クシュナー社の広報担当者が確認した.

  フォートレスと、同社の買収を昨年完了したソフトバンクグループの広報担当にコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

  クシュナー氏は昨年1月のトランプ政権入りに伴い、クシュナー社の最高経営責任者(CEO)の職を辞任。利益相反につながりかねない開発プロジェクトの権益を親族に売却した。

原題:Kushner Cos. Secures Fortress Loan for Troubled N.J. Towers (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE