民主シューマー氏、壁建設巡る米大統領への提案を撤回-移民協議再開

  • 「メキシコ国境の壁の予算を提供する案は交渉議題から外れた」
  • 3日間の政府閉鎖を経て共和・民主の対立強まる

米民主党のシューマー上院院内総務は23日、トランプ大統領に対して先週、メキシコ国境の壁建設で大統領が当初資金として求めた16億ドル(約1760億円)を上回る額を提供すると提案したが、この案を撤回したと述べた。

シューマー民主党上院院内総務

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  シューマー氏は、この案はまとまらなかった移民問題に関する「包括案の一部だった」と記者団に説明。「われわれは新たな土台の上で始める必要があり、壁の提案は交渉議題から外れた」と語った。

  共和党はシューマー氏が壁の提案を交渉議題から外したことについて、現在も続く移民問題の議論の後退だと主張した。22日に解除された政府機関閉鎖は上院での移民問題の議論を加速させたとみられるものの、共和、民主両党の非難合戦は激しさを増し、対立は強まった。

  ただシューマー氏は、政府閉鎖解除に向けた22日の合意は交渉再開への「明るい兆し」だと指摘。共和党のマコネル上院院内総務は、政府資金が手当てされている限り、2月に移民法案を取り上げるという約束を守ると述べた。

原題:Schumer Rescinds Wall Offer to Trump as Immigration Talks Resume(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE