米CIA長官:北朝鮮は「威圧」目的で兵器使用を追求

  • 金委員長は1回の試験の成功で安心することはない-ポンペオ長官
  • 米国を攻撃できるミサイル「開発が論理的な次のステップ」

ポンペオ米中央情報局(CIA)長官は北朝鮮の金正恩政権が「威圧」目的で兵器の使用を追求していると述べ、米国からの攻撃の可能性に備え防衛力を強化するために核ミサイル計画が必要だとする北朝鮮側の主張を退けた。

  同長官は23日にワシントンのアメリカン・エンタープライズ政策研究所で、北朝鮮がこの1年でミサイルや核計画を急速に進展させているものの金朝鮮労働党委員長は「1回の試験の成功で安心することはない」と指摘。米国を攻撃できるミサイル「開発が論理的な次のステップだ。彼らは非常に速いペースで行動している」との認識を示した。

原題:CIA Chief Says North Korea Seeks Arsenal for ‘Coercive’ Aims (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE