米ベライゾン:減税で40億ドルのキャッシュフロー増加を見込む

ベライゾン・コミュニケーションズは減税措置に伴い、2018年のキャッシュフローが35-40億ドル押し上げられると予想している。

  同社の2017年10ー12月(第4四半期)利益はアナリスト予想には届かなかった。ポストペイド(料金後払い式)契約者は120万人の純増。このうちスマートフォン利用者は64万7000人だった。

  ベライゾンを含め電話会社は次世代ワイヤレス通信網「5G」の開発に力を入れており、減税による恩恵はこうした分野の設備投資に充当することができる。

  ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均によれば、ベライゾンの通期純利益は187億ドル。

原題:Verizon Sees $4 Billion Tax-Cut Boost, Solace From Wireless Woe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE