キャッシュフロー減速、米国株への「不愉快なサプライズ」の前兆か

  • 米国株の純営業キャッシュフローの伸びが「着実」に低下-ソシエテ
  • 米国株の高値更新で幸福感に包まれる中、ソシエテは投資家に警告

米国株の高値更新で市場が幸福感に包まれる中、ソシエテ・ジェネラルは投資家に向けて警告を発している数少ない金融機関の1社だ。

  先行きの景気減速を何かしら示唆する米国債イールドカーブ(利回り曲線)平たん化を巡る懸念は、期間が長めの国債利回りの最近の上昇によって少し落ち着いた。ただ、景気減速の可能性を示唆するメッセージは、企業のキャッシュフローの減速から読みとることができるとアンドルー・ラプソーン氏らソシエテのストラテジストが強調した。
   

Cash Slow

U.S. operating cash flow growth ex-financials and energy is slowing

Source: Bloomberg

  ソシエテは最近のリポートで、金融機関とエネルギーセクターを除く米国株の純営業キャッシュフローの伸びが「着実」に低下していると指摘。ストラテジストらは、軟調なドル相場とイールドカーブの低下がいずれも一致しているため、幅広いセクターにおけるこの現象は注目に値すると述べた。経験則上、逆イールドカーブは約10年前に始まったような景気低迷の前に現れる。ドル安は相対的に米国外の経済に強気な投資家心理を反映している可能性がある。
  
  ソシエテは「キャッシュフローの伸びのシグナルが正しいなら」、それがイールドカーブが示唆する米国の見通しを強固なものにし、「そして株式市場は不愉快なサプライズに包まれる可能性がある」と論じている。

原題:Slowing Cash Flow Could Mean a ‘Nasty Surprise’ for U.S. Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE