コンテンツにスキップする
cojp

GEのエンジン合弁、エミレーツからA380向け契約獲得の可能性

An Engine Alliance LLC (EA) engine hangs from an Airbus SAS A380 airplane on the third day of the Farnborough International Airshow in Farnborough, U.K.

An Engine Alliance LLC (EA) engine hangs from an Airbus SAS A380 airplane on the third day of the Farnborough International Airshow in Farnborough, U.K.

Photographer: Chris Ratcliffe
An Engine Alliance LLC (EA) engine hangs from an Airbus SAS A380 airplane on the third day of the Farnborough International Airshow in Farnborough, U.K.
Photographer: Chris Ratcliffe

米ゼネラル・エレクトリック(GE)とプラット・アンド・ホイットニーのエンジン合弁は、再びエアバスの超大型ジェット機A380向け契約を獲得する可能性がある。エアバスは、アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空にA380を最大36機販売することで合意した。

  エミレーツ航空が前回発注したA380の50機には英ロールス・ロイス・ホールディングスがエンジン「トレント900」を供給するものの、エミレーツは新たな発注については、GEとプラットの合弁エンジン・アライアンス(EA)が提供するエンジンの選択に傾きつつある。複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

  エアバスの販売責任者ジョン・リーヒー氏は19日にブルームバーグテレビジョンで、エミレーツがEAに切り替える可能性は十分にあると指摘。EAはA380の最初の90機向けにエンジン「GP7200」を供給した。 「EAには間違いなく復活のチャンスがある」と同氏は述べた。

リーヒー氏は19日のブルームバーグテレビジョンのインタビューで「EAには間違いなく復活のチャンスがある」と指摘

出所:ブルームバーグ

  リーヒー氏は、エミレーツがエンジン供給業者を選ぶのに「数カ月」かかる可能性があると指摘。エミレーツの広報担当者は、競争で決定することだと説明し、いつ結論に至るかは明らかにしなかった。

原題:GE Engine Venture May Oust Rolls From Emirates A380 Contract (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE