フィリップMのアイコス、健康リスク判断には追加データ必要-FDA

  • 加熱式たばこのアイコスに関する報告書をFDAが22日に公表
  • 同社が徹底した研究結果を年内に公表するとFDAは期待

米たばこメーカー、フィリップ・モリス・インターナショナル は「たばこの煙のない未来」への方向転換を目指しているが、同社の電子たばこ新商品の潜在的な健康リスクを十分評価するには、より多くのデータが必要だと米食品医薬品局(FDA)が慎重な姿勢を示した。

  同社の加熱式たばこiQOS(アイコス)は通常の喫煙と比べて一部の有害化学物質にさらされる度合いが少なくなる一方、伝統的なたばこが引き起こしかねない病変に類似するある種の前がん状態の病変を使用者が発症する可能性が残るとFDAが22日に公表した報告書で分析した。

  報告書は、アイコスをたばこのより安全な代替品として発売できるまでには、がんを引き起こす可能性を巡る徹底した分析が必要であり、フィリップ・モリスはそうした研究結果を年内に公表することが期待されると指摘した。

  フィリップ・モリスの広報担当コーリー・ヘンリー氏は発表文で、「われわれは科学的根拠について議論する機会を心待ちにしている」とコメントした。

原題:Are High-Tech Tobacco Products Healthier? FDA Wants More Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE