JPモルガンが200億ドル支出へ-減税の恩恵、賃上げや支店開設に活用

  • 2万2000人の従業員の賃金を引き上げへ
  • 4000人を追加雇用し400の新店舗を開設

米銀JPモルガン・チェースは向こう5年に200億ドル(約2兆2100億円)を賃上げや支店網拡大、慈善事業への寄付に使う。

  同行は23日、このような投資は「力強く持続的な業績と最近の米法人税制改革、より建設的な規制と事業環境」によって可能になったと説明した。

  同行は2万2000人の従業員の賃金を引き上げるほか、4000人を追加雇用し400の新店舗を開設する。寄付は40%増やす。税制改革効果を株主に還元するだけではなく再投資する方針とみられる。

Tax Windfall

Lower tax rates will mean higher profits and more generous share buybacks

Sources: Company filings and executive comments

Morgan Stanley figure is midpoint of 22 percent to 25 percent range. Past average rates exclude one-time 2017 gains and charges.

原題:JPMorgan to Spend $20 Billion on Wage Hikes, Branches, Charity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE