コンテンツにスキップする

ECB人事交代シーズンが幕開け、ユーロ圏は新副総裁探しを開始

  • ユーログロープ、22日会合で副総裁交代のプロセスに着手
  • 国籍や性別、能力を重視-ECB理事会は今後2年で4人交代

ユーロ圏諸国は22日の財務相会合(ユーログループ)で、欧州中央銀行(ECB)の新副総裁探しを開始する。だが、多数の候補者が現れる事態にはならなさそうだ。

Luis de Guindos

スペインのデギンドス経済相

Photographer: Angel Navarrete/Bloomberg

  5月末で任期が切れるコンスタンシオ副総裁の後任について、候補者を立てると表明しているのは今のところスペインのみ。この候補者とは、デギンドス経済相となる公算が最も大きい。

  これを皮切りに、ECBは正副総裁と理事4人から成る理事会のうち3分の2が今後2年で入れ替わる。ECB人事は能力のほか、国籍や性別のバランスが必要になる。デギンドス氏ら南欧出身者が新副総裁に就任すれば、ドラギ総裁の後任は欧州北部の出身者になる可能性が強まるとみられる。域内最大の経済規模を持つドイツの出身者がECB総裁に就いたことはなく、ドイツ連邦銀行のバイトマン総裁が次期総裁の最有力者とみる関係者は多い。

  一方、ユーロ発足時からのメンバーで唯一出身者を理事会に送り込んだことがないアイルランドは、恐らく今回の機会を見送り、将来のチャンスを探ることになるだろうと同国政府の事情に詳しい関係者が語った。

Musical Chairs

原題:ECB Reshuffle Kicks Off as States Hold Fire for Future Posts (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE