ヘッジファンド、17年は株式ロング好調-ブレバンなどは機を逃す

  • ローン・パインとエガートンが金額ベース1位2位
  • 業界の利益は1815億ドル、全体的に前の3年に比べ大幅改善

2017年のヘッジファンド業界ではローン・パイン・キャピタルとエガートン・キャピタルが合わせて92億ドル(約1兆円)の利益を出し、金額ベースの1位と2位を占めた。株式への大規模投資が奏功した。LCHインベストメンツのデータが示した。

  バイキング・グローバル・インベスターズとTCIファンド・マネジメントが3、4位だった。一方、キャクストン・アソシエーツやブレバン・ハワード・アセット・マネジメントは成績がマイナスで、「株式相場の方向についてバイアスを避ける傾向にあるため機を逃した」とLCHのリック・ソファー会長が説明した。

  LCHは各ファンドの設定以来の利益を集計しており、エガートンとTCIは昨年の成績によって初めてトップ20入りを果たした。「金融危機以降、強いネットロングバイアスで大胆に投資」したことが一因とソファー氏は指摘している。

  昨年のトップ20ファンドの利益は手数料後で約387億ドル、業界全体では1815億ドルで、前の3年に比べ「大幅な改善」だったという。

当社資産
(億ドル)
当初からの純利益
(億ドル)
純利益
2017年
(億ドル)
創業年
ブリッジウォーター119.949.70.31975
ソロスファンドマネジメント2743.92.11973
シタデル27.128.63.41990年
ローン・パイン15.927.251996年
DEショー2727.11.81988年
ボーポスト29.7271.71983
オクジフ31.9262.91994年
バイキング22.42641999年
アパルーサ16.525.421993年
エリオット・アソシエイツ34.924.32.51977年
ファラロン23.921.42.51987
SAC/ポイント721221.11.31992年
ミレニアム35.520.62.41989年
ムーア・キャピタル11.518.401990年
ポールソン8.618.1-0.41994年
ブレバン・ハワード9.717.9-0.52003年
キングストリートキャピタル1915.71.11995年
エガートン18.914.74.21995年
キャクストン・アソシエーツ5.814.7-1.11983
TCI17.514.23.52004年

*出典:LCH

原題:Lone Pine, Egerton Make $9 Billion for Clients as Stocks Pay Off(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE