トランプ米大統領、アルミ輸入の商務省調査結果受け取る-関係者

  • 調査結果の内容は不明、安全保障を脅かすとの結果なら輸入制限も
  • 大統領は結果受理後、90日以来に措置を決定しなければならない

トランプ米大統領は、アルミニウム輸入が米国の安全保障に及ぼす影響に関する商務省調査結果の報告を受けた。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。昨年4月に開始された調査で、安全保障が脅かされているとの結果が示された場合、大統領は関税賦課など輸入制限を発動する権限が与えられる。

  この関係者は、ロス商務長官が1962年通商拡大法232条に基づく調査の結果を提出したと述べた。未公表の措置についてコメントする立場にないとして匿名で語った。商務省にコメントを求めたが、これまでに返答はない。トランプ大統領は結果の報告受理後、90日以内に措置を決定しなければならない。

原題:Trump Said to Get Aluminum Study That Could Result in Barriers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE