トランプ大統領の入国禁止令、最高裁が審理へ-6月後半までに判断か

米連邦最高裁は、イスラム教徒が多数を占める6カ国から米国への入国を禁止するトランプ大統領の大統領令を審理する方針を示した。トランプ氏は、入国禁止令が越権行為だとの下級審判断を不服として上告していた。

  最高裁は6月後半までに判断を下す可能性がある。トランプ大統領が2017年1月の就任から1週間後に最初の入国禁止令に署名して以来、同大統領令には法律的な問題がつきまとい、米国の空港では抗議活動や混乱が広がっていた。最高裁は4月に審理を実施する見通しだ。

米連邦最高裁はトランプ大統領の入国禁止令を審理へ

(出所:Bloomberg)

原題:Trump’s Travel Ban Will Get Review From U.S. Supreme Court (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE