IEA:米国の石油生産は「爆発的」に増加へ-価格上昇で

  • 非OPEC供給量増加見通しを日量10万バレル引き上げ
  • ベネズエラの落ち込み、昨年よりさらに大きくなる可能性

国際エネルギー機関(IEA)は原油相場上昇をてこに米国の石油生産が今年「爆発的」に増えるとの見通しを示した。

  IEAは19日公表した月報で、石油輸出国機構(OPEC)非加盟国の今年の供給量増加見通しを先月から日量10万バレル引き上げ、同170万バレルとした。米国は24万バレル引き上げて135万バレルと見積もった。

  一方、OPECメンバーのベネズエラについて、産油量が一段と落ち込む可能性を指摘。今年の減少幅は昨年の日量27万バレルよりも大きくなる可能性があるとの見方を示した。昨年の産油量は日量197万バレルと約30年ぶりの低水準だった。

Heady Days

Non-OPEC oil output growth in 2018 is comparable with the best years of U.S. shale boom

Source: International Energy Agency

原題:IEA Sees ‘Explosive’ Growth in U.S. Oil Output As Prices Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE