米CBS株が上昇-ムーンベスCEOが選択肢を模索と関係者

  • CBSはベライゾンやライオンズゲートなどと協議-関係者
  • いかなる案件もレッドストーン副会長が承認する必要がある

米CBSのレスリー・ムーンベス最高経営責任者(CEO)は1年前、レッドストーン家が提案していたCBSとバイアコムの再統合計画を受け入れなかった。しかし、メディア業界再編の機運が高まる中で、ムーンベス氏(68)は選択肢の見直しを余儀なくされている。

  CBSのシャリ・レッドストーン副会長は、ムーンベスCEOにバイアコムとの統合を再検討するよう求めている。レッドストーン家はCBSとバイアコム両社の支配株主。事情に詳しい複数の関係者によると、ムーンベス氏はバイアコムとの再統合を探ることに白紙の状態だが、代わりの選択肢を確認するため、他の統合相手候補とも協議している。ブルームバーグの報道を受けて、CBS株は一時4カ月ぶり高値に上昇した。

  情報が非公開として匿名を条件に語った関係者によると、CBSはベライゾン・コミュニケーションズやライオンズゲート・エンターテインメントなどの企業と協議した。関係者の1人によると、いかなる案件もレッドストーン氏が承認する必要があるため、これらの協議は進展していないという。

  18日の米株式市場でCBS株は一時4.6%高まで上昇、終値は前日比1.9%高。バイアコム株は6.2%高。

原題:CBS Climbs as Chief Moonves Is Said to Scout Options for Network(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE