ビットコイン長者に「分散投資」を助言、ドットコムの二の舞い避けよ

  • 仮想通貨を受け入れ未公開株に投資するファンドのインベストX
  • ある時点で利益を確定、他の資産に分散投資する必要と訴え

  新しい投資ファンド、インベストX・ファイナンシャルのマーカス・ニュー氏は、仮想通貨ビットコインへの投資で一財産築いた投資家に、分散投資を勧める。ドットコム・バブル時に結局全てを失った投資家のようにならないためだ。

  「分散が必要だ。利益の一部を確定しよう」と同氏は言う。「われわれはそれを非常に容易にしようとしている」と説明した。

  投資家から現金を受け入れて仮想通貨に投資するファンドは多いが、ニュー氏のファンドは逆だ。仮想通貨を受け取ってより伝統的な資産クラス、この場合は株式公開が近い未公開株に投資する。

  ユーリカヘッジによれば、仮想通貨に投資する9ファンドの2017年成績はプラス1167%だった。ヘッジファンド全体ではプラス8%。逆の投資をするファンドが少ないのは無理もない。しかしインベストXは最大リターンではなく用心を売り物にする。新ファンドは18日に募集を開始し1億ドルを集めることを目指すという。

  「仮想通貨に投資する人の多くはこの資産クラスが何億ドルもの利益をもたらすことになるとずっと前から信じている。そのため、ビットコインから他の仮想通貨に分散するだけだ。しかし、ドットコム時代にも全く同じことを聞いた。『別の仮想通貨』ではなく『別のドットコム銘柄』だったというだけの違いだ」とニュー氏は話した。

  同氏がビットコイン長者たちに売る決心をさせることができるかどうか、それはまだ分からない。

原題:As Bitcoin Tumbles, New Fund Offers Crypto Holders an Easy Exit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE