米アマゾン:第2本社の最終候補を20都市に絞る-ニューヨークなど

アマゾン・ドット・コムは第2本社の候補地をニューヨークやボストンなど20都市に絞り込んだ。

  アマゾンは昨年9月に第2本社の開設計画を発表した。費用は50億ドル(約5546億円)超を見込んでおり、今後10ー15年で5万人の高賃金雇用をもたらすと期待されている。米国やカナダの各都市の政治家が誘致に強い関心を示し、これまでアマゾンに238都市から本社開設を巡る提案が寄せられた。

  18日の発表資料によると、同社は最終候補地の中から年内に決定する見通しだ。

  最終候補地の20都市は以下の通り。

- アトランタ
- テキサス州オースティン
- ボストン
- シカゴ
- オハイオ州コロンバス
- ダラス
- デンバー
- インディアナポリス
- ロサンゼルス
- マイアミ
- メリーランド州モンゴメリー郡
- テネシー州ナッシュビル
- ニュージャージー州ニューアーク
- ニューヨーク
- バージニア州北部地域
- フィラデルフィア
- ピッツバーグ
- ノースカロライナ州ローリー
- カナダ・トロント
- ワシントン

原題:Amazon Narrows Field for Second Headquarters Location to 20 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE