南アフリカ中銀、金利据え置き-インフレ加速リスクが継続と指摘

  • ブルームバーグ調査で20人のエコノミストのうち7人が利下げ予測
  • 政策金利を6.75%で維持、3会合連続で

南アフリカ準備銀行は18日、政策金利据え置きを発表した。インフレ加速のリスクが残る中で3会合連続で据え置きを決めた。

  中銀は政策金利を6.75%で維持した。ブルームバーグが調査した20人のエコノミストのうち13人が据え置きを予想、7人は利下げを見込んでいた。

  クガニャゴ総裁は記者団に、インフレ見通しへのリスクは「依然、上向きだと考えられるが、上振れリスクは弱まっている」と述べた。

原題:South Africa Holds Rate as Downgrade, Inflation Risks Persist(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE