コンテンツにスキップする

インドネシア中銀:政策金利を4.25%に据え置き-食品インフレ懸念

  • 7日物リバースレポ金利を4.25%に維持
  • ブルームバーグが調査したエコノミスト24人全員の予想通り

インドネシア銀行(中央銀行)は18日、政策金利据え置きを発表した。食品価格の上昇でインフレ率が加速する懸念から金利を維持した。

  発表によると、中銀は7日物リバースレポ金利を4.25%に維持した。ブルームバーグが調査したエコノミスト24人全員の予想通りだった。

Cost Pressures

Rice prices have risen 6.1 percent in the past two months

Source: Bank Indonesia

* Prices in rupiah per kilogram

原題:Bank Indonesia Holds Key Interest Rate Amid Food Inflation Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE