ブロードコム、米連邦取引委の反トラスト法調査対象に

米半導体メーカー、ブロードコムは、反トラスト法(独占禁止法)に抵触する行為があったかどうかを巡り、米連邦取引委員会(FTC)の調査対象になっていることを明らかにした。

  ブロードコムは17日の声明で、FTCによる調査は同社の事業には「重要ではない」とコメント。同社はFTCの調査について、同社のクアルコム買収案への「影響はない」とし、同社のワイヤレス事業とは関係がないと説明した。FTCはコメントを控えた。

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は先に、FTCがブロードコムの顧客との交渉について調べていると報じていた。

原題:Broadcom Says It’s Under Antitrust Investigation by U.S. FTC(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE