米グーグル、AI画像検出ツール投入-クラウド顧客へのアピール狙う

  • 機械学習へのアクセスはクラウドの重要なセールスポイント
  • AI活用経験少ない企業が対象-画像から始め、テキストにも拡大へ

アルファベット傘下のグーグルは、同社が集積してきた人工知能(AI)をデータセンターの顧客が活用できるようにする新製品を投入する。競争の激しいクラウドコンピューティング市場で差別化を図る取り組みの一環。

  新製品「クラウドオートML」は、AI活用の経験が少ない企業を対象としている。ビジネスのデータを使用して、膨大な範囲の情報を処理・解析できるコンピューティングシステムである機械学習モデルを自動的に生成する。グーグルは、企業が画像をより効率的に分類できるようにすることから始めるが、テキストや音声、動画の分析ツールもリリースする計画。

原題:Google Pitches AI Image-Detection Tool to Lure Cloud Clients (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE