ゴールドマンの優位に陰り、時価総額で11年ぶりにモルガンS下回る

  • 17日の取引終了時点のゴールドマン時価総額は994億ドル
  • 2006年10月23日から4105日にわたってゴールドマンが優位だった
Photographer: Eric Thayer/Bloomberg

ゴールドマン・サックス・グループの時価総額が、古くからのライバルであるモルガン・スタンレーを約11年ぶりに下回った。

  ゴールドマンの時価総額は17日の取引終了時点で994億ドル(約11兆600億円)に減少し、モルガン・スタンレーの時価総額をわずかに下回った。2006年10月23日から4105日間続いたゴールドマンの優位が終わる形となった。

  ウォール街では長らく羨望の的だったゴールドマンにとって、昨年はいつになく厳しい年だった。

  ゴールドマンが17日発表した昨年10-12月(第4四半期)の債券トレーディング収入は半減し、金融危機後の最低水準に落ち込んだ。また、米税制改革に絡む費用が響き、純損益はここ約6年では初の四半期赤字となった。トレーディングの減少は17年を通して続き、同行の戦略に大きな疑問が浮上している。

  モルガン・スタンレーは18日に決算を発表する。

原題:Goldman Worth Less Than Morgan Stanley for First Time in Decade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE