米下院共和党、民主不支持の暫定予算案を推進-政府閉鎖回避を目指す

米下院の共和党指導部は、政府機関閉鎖を回避するための暫定予算法案を推し進める方針だ。同案は政府資金を4週間供与する内容。共和党単独で作成しており、移民問題に関する民主党の要求も聞き入れていない。

  ライアン下院議長ら共和党指導部は17日、2月16日までの政府資金を賄う短期暫定予算案への支持集めに回り、下院採決に道筋をつけようとしている。下院採決は17日に行われる公算が大きい。

  同法案はまた、保守派からの支持獲得を狙い、人気が高い児童医療保険プログラム(CHIP)の6年間延長、高額医療保険および医療機器への課税に関する措置導入の2年延期、医療保険業者への課税措置導入の1年延期を盛り込んだ。幾人かの保守派議員の支持を得るために指導部が法案を微調整する可能性はまだある。

  米政権関係者によると、トランプ大統領は下院指導部の暫定予算案を支持する見通し。そうなれば、ライアン議長にとって、これまで支持に消極的だった保守派議員を味方に付ける上で政治的影響力が高まる。

  同議長は、上院で十分な数の民主党議員から賛成が得られる可能性に賭けている。この法案は、激しさを増す移民法関連の議論や、幼少期に親に連れられて米国に入国した不法移民の若者「ドリーマー」の在留を認める措置(DACA)の問題対処に向けた民主党の動きを一切考慮していない。

原題:House GOP Push Plan to Avert Shutdown Without Democratic Support(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE