コンテンツにスキップする

ECB副総裁、不適切なユーロ上昇に警鐘-ガイダンス変更は急がない

  • ファンダメンタルズを反映しない急激な動きを懸念
  • 拙速な行動で成長の息の根を止めてはならない-レプブリカに語った

欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は不適切なユーロの上昇に警鐘を鳴らした。同時に、政策のフォワードガイダンスの変更を急がないことも示唆した。

  イタリア紙レプブリカとのインタビューで、副総裁は最近のユーロ高についての問いに対し、「ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)の動向を反映しない急激な動きについては懸念している」と答えた。「ファンダメンタルズを見るとインフレ率は12月に若干低下した」と指摘した。

  ユーロは今年に入って対ドルで上昇し、約3年ぶり高値付近で推移している。

  ECBは25日に金融政策を決めるが、コンスタンシオ副総裁は「拙速な行動で成長の息の根を止めてはならない」と述べ、同日の政策委員会では政策ガイダンス変更の可能性がほぼないことを示唆した。

  ECBの現在のガイダンスは債券購入を少なくとも9月まで続け必要なら延長、政策金利は購入終了後当分引き上げないというものだ。

  コンスタンシオ副総裁は「経済成長と目標へのインフレの動きが続けば、ECBのフォワードガイダンスの全ての要素について段階的な調整が必要だとわれわれは考えている」が、「これは直ちに変更するということではない」と語った。

原題:ECB’s Constancio Concerned If Euro Moves Don’t Echo Fundamentals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE