バノン氏に召喚状、モラー特別検察官に事情説明へ-関係者

  • バノン氏は月内に特別検察官の聴取に応じる意向だと関係者
  • 非公開の下院情報特別委でバノン氏は質問に答えなかったと複数議員

トランプ米大統領の元側近スティーブ・バノン氏に対し召喚状が出され、同氏は大統領周辺とロシアとの関係を巡る疑惑を捜査しているモラー特別検察官の事情聴取を受けるか、大陪審で証言するよう求められている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  匿名が条件だとして関係者が述べたところによれば、ホワイトハウスの首席戦略官だったバノン氏は月内にモラー特別検察官の聴取に応じる意向だが、日程はまだ決まっていない。バノン氏は聴取時に行政特権を主張するつもりはないと関係者は説明した。

  一方、下院情報特別委員会のニューネス委員長は記者団に対して議会の召喚状を承認したことを明らかにした。複数の議員によれば、同委員会が16日開いた9時間に及ぶ非公開の会合で、バノン氏が質問に答えなかったことから同委員長が召喚状を出すことを認めたという。

原題:Bannon Is Said to Have Been Subpoenaed in Mueller Investigation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE