米国務長官:北朝鮮との戦争の脅威は拡大、極めて不安定な局面

更新日時
  • 北朝鮮への制裁強化の方法を探るため20カ国の外相らがカナダで会合
  • 米大統領が北朝鮮の金委員長と話したかティラーソン長官は言及せず

A North Korean soldier, center, looks towards the South Korean side of the truce village of Panmunjom in the Demilitarized Zone (DMZ).

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

ティラーソン米国務長官は16日夜、北朝鮮との戦争の可能性について冷静に評価し、北朝鮮の核開発計画の前進は「極めて不安定」な状況にあることを意味すると指摘した。

  ティラーソン長官は対北朝鮮制裁の新たな方法を模索するため20カ国の外相らが会合を行ったカナダのバンクーバーで、「脅威が拡大していることを理解する必要がある。北朝鮮が関与や対話、交渉の道筋を選択しなければ、彼ら自身が選択肢の1つの引き金を引くことになる」とコメント。「北朝鮮がどれだけプログラムを進めたかという観点では、極めて不安定な局面にある」と付け加えた。

  同長官はまた、対話開始のための米韓軍事演習「凍結」を求める案については拒否。北朝鮮に対する限定的な先制攻撃の可能性にはコメントを避けた。また、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と話したことがあるかどうかを米紙ウォールストリート・ジャーナルとのインタビューで言及を避けたとする報道については、ティラーソン長官はコメントしなかった。

  一方で長官は、北朝鮮に対し核兵器プログラム廃棄に関する交渉の場に来るよう再度呼び掛け、「われわれのチャンネルが開いていることを北朝鮮は承知している。対話の時期だ。だが彼らは話したいという意思表示のステップを踏む必要がある」と述べた。

原題:Tillerson Warns Threat of North Korea War Growing Despite Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE