ビットコイン採掘の電力需要観測、行き過ぎの可能性

From
  • データセンターやマリフアナ栽培向け電力需要への過度の懸念を想起
  • 採掘向けが世界のエネルギー需要を席巻する公算は小さい

Circuit boards and computer equipment sit on shelves at a cryptocurrency mining facility in Incheon, South Korea.

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

ビットコインのマイニング(採掘)が電力需要の「制御不能な伸び」につながるとの観測は行き過ぎの可能性があり、データセンターやマリフアナ栽培向け電力需要の伸びを巡り過度の懸念が広がったケースを想起させるとの見方が出ている。

  クレディ・スイス・グループが16日発表した調査リポートによると、ビットコイン採掘業者は現在、アイルランドの消費量にほぼ相当する電力を利用しているものの、年間350テラワット時という「ウルトラハイエンド」の水準に達する可能性は「非常に低い」。この水準でも世界の電力需要の1.4%にすぎない。

  マイケル・ウェインスタイン氏率いるアナリストらはリポートで「この状況は、一部の人々が恐れている電力と環境のアルマゲドンからは程遠い」と指摘した。世界で増加する仮想通貨の採掘業者によってどれくらいの量の電力が消費される見通しかについて議論が高まっている。

  ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)が先週発表したリポートによれば、昨年はビットコイン価格が高騰し、採掘のための電力需要は年間約20.5テラワット時に増加。採掘業者らは、ビットコイン取引の確認に必要な複雑な計算を行い、ビットコインで報酬を得ている。

  モルガン・スタンレーのアナリストらは先週のリポートで、採掘業者の電力需要は今年、世界の需要の約0.6%に相当する最大140テラワット時に達する可能性があると予想。このトレンドは、米国や中国などの再生可能エネルギー生産者の成長を促す一因になるかもしれないと指摘した。

  アナリストらは、ビットコインと電力需要を巡る見通しは、ここ数年のデータセンターやマリフアナ栽培を巡る議論を想起させると説明。これらのケースでは、電力需要が膨らむとの当初の推計は省エネ対策などによって杞憂(きゆう)に終わった。
  
原題:Bitcoin’s Power Needs May Be Overblown, Recalling Pot Growing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE