トランプ米大統領の健康にお墨付き、認知機能も正常-初の診断結果

  • 大統領には脂質と糖質の摂取減と定期的な運動勧めた-担当医
  • トランプ氏は毎日、アスピリンや男性型脱毛症治療薬などを服用

トランプ大統領

Photographer: Mike Theiler/Pool via Bloomberg

トランプ米大統領の健康状態は「職務に適したもの」で、任期を通じてそうした状態が続くだろうと、ホワイトハウスの担当医ロニー・ジャクソン海軍少将が16日、先週行ったトランプ氏の就任後初の健康診断の結果を発表した。また、大統領の認知機能の診断は正常だと説明した。

  71歳のトランプ氏を巡っては、大統領職に適した健康状態ではないかもしれないとの批判の声があった。認知症やアルツハイマー病の兆候の有無を調べる認知機能の検査について、ジャクソン氏は不要と考えたが、大統領の要請を受けて実施したという。

  ホワイトハウスで記者会見したジャクソン氏はトランプ氏について、「彼の認知能力や神経機能に全く懸念はない」と語った。その上で、大統領には脂質と糖質の摂取を減らし、定期的に運動するよう勧めたと語った。さらに、英アストラゼネカの高コレステロール血症治療薬「クレストール」の処方を増やしたという。トランプ氏が毎日、アスピリンとマルチビタミン剤、男性型脱毛症治療薬「プロペシア」を服用していることも明らかにした。

  トランプ氏の体重は239ポンド(約108キログラム)、身長は6フィート3インチ(約191センチ)で、体格指数(BMI)は29.9と、米疾病対策センター(CDC)が使うガイドラインで「肥満(オービス)」と定義される30をわずかに下回った。

原題:Trump Passes Cognitive Screen And Is ‘Fit for Duty,’ Doctor Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE