【NY外為】ドルが上げ失う、米政府機関閉鎖懸念で

更新日時
  • ユーロは対ドル相場でほぼ変わらず、一時は約3年ぶり高値に接近
  • ドル指数、朝方は0.4%上昇も午後に失速

16日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が5営業日ぶり上昇に向かったものの、勢いを失った。ユーロは対ドルで一時持ち直して3年ぶり高値に向かったほか、ドルが主要10通貨の大半に対して下落した。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%上昇する場面もあったが、その後上げを失った。今週末に政府機関が閉鎖に追い込まれかねないとの懸念が広がった。ユーロはドルに対しほぼ変わらず。一時は上昇し、15日に付けた約3年ぶり高値の1ユーロ=1.2297ドルに近づいた。

  ニューヨーク時間午後4時35分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%未満低下。ユーロは対ドルで0.1%未満下げて1ユーロ=1.2263ドル。ドルは対円で0.1%未満下落し1ドル=110円53銭。

  欧州と日本の当局者が為替相場の動きに対し懸念を表明し、ドルは上昇分を維持できなかった。

  ユーロは朝方、ドルに対し下げ幅を拡大し、一時は1.22ドルを割り込んだ。欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、フランス中銀のビルロワドガロー総裁がこの日、ユーロの最近の上昇は不確実性の源であり、インフレを押し下げる恐れがあるため監視が必要だと述べたのが手掛かり。

  ドルは対円で、午前中上昇していたが午後の取引で上げを消し、昨年9月以来の安値の110円25銭まで下げる場面があった。

欧州時間の取引

  欧州時間にはユーロが対ドルで下落。ドイツのメルケル首相の大連立成立に向けた取り組みに新たな障壁が現れたとの報道を受け、利益確定の売りが出た。

原題:Dollar Rally Wilts as Euro Resumes Climb Toward Three-Year High(抜粋)
Euro Rally Falters as German Coalition Concerns Sap Sentiment(抜粋)

(第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE