GE:4Qに62億ドルの費用計上へ、保険事業ポートフォリオ見直しで

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は2017年10-12月(第4四半期)決算で62億ドル(約6900億円)の費用を計上する。保険事業での長引く問題がGEを圧迫している。

GEのフラネリーCEO

Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg

  GEが16日発表したところによると、この費用は金融部門GEキャピタル傘下の保険事業ノース・アメリカン・ライフ&ヘルスのポートフォリオを長期にわたり見直した結果。GEキャピタルが今後7年間で約150億ドルの法定準備金を拠出することも明らかにした。

  GE株は年初から12日までで7.5%上昇し、昨年の下げの一部を埋めていたが、この発表を受けて16日の寄り付き前の時間外取引で下落。下げ幅は前営業日比で一時4.9%に達した。

原題:GE to Take $6.2 Billion Charge After Insurance Portfolio Review、GE Slides as Insurance Business Charge Confirms ‘Messy’ Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE