コンテンツにスキップする

米国をコロンビア並みに格下げ-中国の格付け会社

  • 「A-」から「BBB+」引き下げ、見通しネガティブ
  • 法人税率引き下げで債務返済能力さらに悪化へ

  中国の格付け会社、大公国際資信評価は米国の信用格付けをコロンビアと同水準に引き下げた。

  16日の発表によると、米国の自国通貨・外貨建て格付けは「BBB+」と従来の「A-」から引き下げられ、見通しはネガティブ(弱含み)。

  大公国際はトランプ米大統領の法人税率引き下げで債務返済能力がさらに悪化することを理由に挙げた。「米国の政治システムと戦略、経済基盤によって規定される借金経済モデルは変わらない。減税は政府の返済財源にますます悪影響を与えるだろう」と記述した。

原題:U.S. Cut to Same as Level as Colombia by Chinese Ratings Firm(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE