ビットコインが一時25%安、仮想通貨取り締まり強化懸念広がる

更新日時
  • 中国は仮想通貨取引の取り締まりを強化-関係者
  • 韓国企画財政相:仮想通貨取引所閉鎖は依然として選択肢

仮想通貨ビットコインは16日、一時25%下落した。規制当局による取り締まり強化への懸念が広がり、今月の仮想通貨売りに拍車が掛かった。

  ブルームバーグ集計のデータによると、ビットコインはニューヨーク時間16日午後4時37分(日本時間17日午前6時37分)現在、25%安の1万338ドルで、昨年12月前半以来の安値。前日まで2日続伸していたが、反落した。他の仮想通貨も大幅安となり、リップルは一時40%安。

  
  世界の投機家は規制当局による仮想通貨取り締まりの時期や方法の見極めに苦しんでいる。韓国では、仮想通貨取引所閉鎖は依然として選択肢だと金東兗企画財政相がTBSラジオとのインタビューで発言した。ただ同相は、省庁間での真剣な議論がまず必要だとも述べた。

  仮想通貨業界を昨年から標的にし始めている中国は、仮想通貨取引の取り締まりを強化し、取引所と類似のサービスを提供するオンラインプラットフォームと携帯アプリに特に照準を合わせていると、複数の関係者は述べた。

原題:Bitcoin Plunge Extends to 25% as Fear of Crypto Crackdown Linger(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE