日本株26年ぶり高値を更新、円高一服と設備投資期待-FA関連上げる

更新日時
  • 昨年12月の工作機械受注4.6%増、ファナックはTOPIX寄与1位
  • SMCは上場来高値に、年初来の上げ目立った銀行や不動産は安い

16日の東京株式相場は続伸し、主要株価指数はバブル経済崩壊後の最高値を更新。為替の円高一服、堅調な設備投資統計から企業業績への期待が高まった。電機や機械など輸出株、情報・通信や化学株が上げ、個別ではファナックがTOPIXの押し上げ寄与度1位。SMCは上場来高値を付けた。

  TOPIXの終値は前日比10.35ポイント(0.5%)高の1894.25と1991年6月以来、日経平均株価は236円93銭(1%)高の2万3951円81銭と同11月以来の高値を更新。両指数の高値更新はTOPIXが4営業日ぶり、日経平均は5営業日ぶり。

  東京海上アセットマネジメントの橋爪幸治シニアファンドマネジャーは、「来週からの業績発表シーズンでは、金利や資源価格の動きに左右されやすいバリュー銘柄より、FA関連や半導体関連など好業績が明らかに見えている銘柄に投資資金が回帰しやすい」との見方を示した。中でもFA関連は、「中国経済が減速せず、グローバルに景況感が良いものの、人手不足の中では企業は生産効率を高める必要があるということは工作機械受注にも表れてきている」と言う。

東証アローズの参観者

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  15日の米国株市場が休場で買い手掛かりに乏しく、為替の円高進行も懸念され、朝方の日本株は高安まちまちで開始。ただし、日本の昨年12月の企業物価は11月に比べ前年比伸び率が減速する中、為替市場では前日付けた4カ月ぶりのドル安・円高水準である1ドル=110円33銭から次第に円高の勢いが弱まった。

  休場明けの米国株動向を占うS&P500種株価指数のEミニ先物が堅調に推移したことも投資家心理にプラスに働き、午前後半以降は徐々に上昇。午後は先物主導で一段高となり、日経平均の上げ幅は200円を超えた。

  上昇を引っ張ったのは工場自動化(FA)関連、設備投資関連銘柄だ。ファナックやキーエンス、SMC、オムロン、ダイフク、ナブテスコ、来週23日に決算を発表する安川電機などが買われ、東証電機株指数は52週高値を更新した。東京海上アセットの橋爪氏は、「安川電機で始まった企業業績の発表がさらに上げ相場へとつながったケースが続いており、好業績銘柄には先回り買いが入りやすい」とみていた。

  日本工作機械工業会が15日に発表した昨年12月の工作機械受注は前月比4.6%増、前年同月比48%増だった。外需は2カ月連続で1000億円を突破した。ゴールドマン・サックス証券では、外需は過去最高を記録した11月からやや減少したが、営業日数が少ないことを考慮すれば、引き続き活況な水準と分析。11月と同様に全業種で需要が好調に推移していると評価した。

  もっとも、先物主導の色彩が濃く、TOPIXコア30指数の値上がりが目立った半面、東証1部の騰落銘柄数は値上がりと値下がりがまちまち。業種別では銀行や証券・商品先物取引などの金融、不動産株など直近の上げが顕著だった業種は軟調だった。みずほ証券の倉持靖彦投資情報部長は、「グローバルでは昨年12月以降のシクリカル・バリュー系業種のアウトパフォームが非常に大きく、物色の矛先がグロース系に戻るのかどうか、市場は気にしている」と指摘。米国の法人税減税やインフラ投資などが追い風となる政策期待銘柄、出遅れバリュー、リフレ関連セクターのローテーションの持続性について「内外決算を見ながら様子見しようとしている」と言う。

  東証1部33業種は水産・農林や電機、情報・通信、化学、石油・石炭製品、食料品、機械、輸送用機器など22業種が上昇。下落は鉄鋼や海運、空運、不動産、陸運、銀行など11業種。売買代金上位では、ゴールドマン・サックス証券が経営説明会は前向きな印象としたSUBARU、UBS証券が目標株価を上げたダイフクが高い。これに対し、12月の売上高が低調と受け止められたローム、ジェフリーズ証券が投資判断を下げたIHIは安い。

  • 東証1部の売買高は13億1817万株、売買代金は2兆4307億円、売買高は前日から7%減った
  • 値上がり銘柄数は972、値下がりは980
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE